読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

Mexico_México, D.F.

…で結局メキシコってどうなのよ?

オンライン・マガジンのGIGAZINE上にアップされた2つの記事。どちらも世界一周をしている(していた)男性の、メキシコを訪れて抱いた印象の記事なのですが、その感じたことがあまりにも正反対だったので面白いなと思いました。「危険なイメージしかないメキ…

いざメキシコのベニスへ!

とうとうメキシコ最終日! 夜の飛行機で日本に帰るというこの日に私たちが向かった場所、それはソチミルコでした。メキシコシティの中心からソチミルコまでは地下鉄と路面電車を乗り継いでいけますが、私たちは難を逃れたセニョールの車(正確にはセニョール…

セニョールが捕まった

すべての始まりはホホバオイルでした。ホホバオイルとは…砂漠で育つ多年草「ホホバ」から採取されるオイルのこと。アメリカ南西部からメキシコ北部が原産で、ネイティブアメリカンはホホバオイルを『砂漠からの黄金の液体』と呼び、食用油・傷の治療・肌の乾…

メキシコ国立人類学博物館

メキシコ観光のハイライト! 国立人類学博物館です。メトロ7号線のAuditorio駅から歩いて行ったんですが、まずはハードロックカフェに寄ってピンズとTシャツを買う。何でメキシコのHRCはピンズを2種類しか売らないんだろう?で、道路を渡って少し歩いたとこ…

Casa de los Azulejos

タラタラ書いてきたメキシコの旅日記もあと2日分で終わりです。長かったなあ。 2月13日の朝、つまり帰国前日は『青いタイルの家(Casa de los Azulejos)』でブランチを。 その名の通り外壁に青いタイルを張り巡らしたこの建物は16世紀の建築で、この建物の名…

或る女の一生。

メヒカーノの心を捉えて離さない、ある一人の女性の物語。 マグダレーナ・カルメン・フリーダ・カーロ・イ・カルデロン(Magdalena Carmen Frida Kahlo y Calderón、1907年7月6日 - 1954年7月13日)は、メキシコの画家。インディヘニスモの代表的美術作家。 …

メトロバスの罠と米への渇望

この一杯の親子丼へ到達するまでの話を聞いてほしい。国旗の降納を観終わって、私たちはある場所に向かうことにしました。 米を食べるために。 もう限界だったのです。 私たちはトウモロコシにも小麦粉にも飽きていた。 メキシカンフードに慣れていない、来…

市場とソカロと『3つの保障』

かなり間抜けなグアダルーペ寺院観光を終えて、やってきたのはシウダデラ民芸品市場。 こちら、中に入ってるお店は全部民芸品のお店。刺しゅう入り貫頭衣のウイピルや、ウイチョル族のビーズ細工、革製品に楽器に…ととにかくお土産になるものなら何でも売っ…

あのバチカンも認めるメキシコの奇跡とは。

( ゚Д゚)ノ ヤアミンナ! ハノイ情報がほとんど出てこないハノイ在住者ブログへようこそ。 さてさて教会の数がべらぼうに多いメキシコですが、それもそのはず国民の90%がカトリック信者。 そんなメヒカーノが愛してやまないのが、グアダルーペです。グアダルーペって…

メキシコ男の熱き戦い。

ケレタロ最後の食事は、週末に朝食ビュッフェをやっているお店で。ああしょっぱかった。 なんかケレタロは食事の当たりが少なかったなあ… さて、Primera Plusで最終目的地・メキシコシティへ向かいます。 ケレタロ→メキシコシティまでの所要時間は約3時間。 …

メキシコシティ2日目、ぶらぶら歩き編

さて、バラガンツアー終了後は、適当にその辺をぶらぶらと。 ここのチキン、食べたかったなー。 世界で3番目に広い広場、ソカロ。確か1番はモスクワの赤の広場、2番目は北京の天安門広場だったかな?あ、逆か。 たまたま見つけたこの建物、何だと思います? …

まだまだバラガンツアー。

メキシコ日記はまだまだ続きます…だって2週間の日程のうち、まだ2日目の、それも午前中の話しかまだしてないからね! さて、トラルパン礼拝堂を辞して、今度は世界遺産である、バラガン邸へ向かいます。…が、トラルパンが良すぎて、私、バラガン邸の印象があ…

そこは、神の住まう場所。

朝9時に宿を発ち、最初に向かったのはトラルパン礼拝堂(カプチーナス修道院)。敬虔なカトリック信者であったバラガンが、1953年から7年という歳月をかけて改修した礼拝堂。 上の写真はその入り口なのですが、「え、これ本当に礼拝堂?」と口にせずにはいら…

メキシコの旅2日目にして、クライマックスのあの場所へ。

メキシコシティ到着日は、さすがに疲れていたのと、時差ボケ対策の為もあり、夜7時にはベッドに入る。夕食も取らずに。なので、翌朝の朝食が楽しみで楽しみで。キッチン&ダイニングは、赤を基調にした温かみのある部屋に。メキシコっぽい!朝食に用意される…

到着日にいきなりメヒカーノ・ホスピタリティにばすばす触れる

さて、すでにメキシコを離れて10日が経ち、その間に東京・川崎・大阪・神戸で遊び、さらにシンガポールに1泊、というちょっと見ハードなスケジュールをこなしてきたのですが、ハノイに戻ったことだし、ぼちぼちブログの更新をしていこうかなと思います。 今…

メキシコ行って東京寄って帰ってきた。

実家なう、です。 何かちょっと写真が物騒?でも、単にメキシコシティのソカロに掲揚されている国旗が降納されたときのものです。メキシコ、人がとても優しくて良かったです! 幸い危ない目に合うこともなく。「治安悪いって、何がどう悪いの?」っていうぐ…