読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

The 3rd day of trip: うろうろ編

てゆーかウィーンの写真多過ぎやろう…


ケルントナー通りのマテルザー教会
マルテザー教会

基本的に今回の旅で周るところは私が決めたんですが、もうプラハで天文時計見れたしウィーンでザッハトルテも食べたし、で、ここからは基本的に相方について行きます。


ヨーロッパのマクドはいいなぁ…
オサレマクド


ケルントナー通りを北上して、向かったのは、
シュテファン寺院

シュテファン寺院。相方に首根っこ掴まれた思い出の場所です。


なんという階段
シュテファン寺院内部1

正面の祭壇見れなかった… (ノд`)
シュテファン寺院内部2


このあとてくてくてくてくてkてくてくてく歩いて、


疲れを癒すために入ったのがここ。
カフェハヴェルカ

3代続くカフェ・ハヴェルカ。
ハヴェルカ店内2

メニューがないので、マスターと直接話して注文するんですが、
ハヴェルカ店内3


「アイスコーヒー2つ」という言葉が生んだ悲劇
ウィンナアイスコーヒー

相方涙目('A`)

ここで一つ事件が。
ハヴェルカカウンター

カウンター右手にお手洗いがあって、私が入ったらお婆様が一人順番待ち。
中にいた人が出てきて、お婆様が入る、私順番待ち。

しばらくして…
ガチャガチャガチャと鍵やドアノブを回す音と、
「*#%&$*)%@!!!!!」とまぁ多分ドイツ語でまくしたてるお婆様の声が中から…
私はドイツ語が解らない。お婆様は英語が話せない。
やっと「どうやら鍵が壊れて開かないらしい」と判断した私はマスターを呼び、女子トイレに入れないマスターは店員の娘さんを呼ぶ。
「どうしたの、紙がないの?」とか言いつつトイレに入ってきたお姉さん、お婆様が小休止してたもんで、始めは「?何も問題ないじゃない」て言ってたんですが、またお婆様の叫びが始まって、事態を理解した様子。
一通り鍵の開け方を説明し、それでも開かないと知るや、カウンターのレジへ戻り、コインを1枚持って、それで外から鍵を開けて、お婆様救出。

お礼を言ってくるお婆様を前にしながら、「なんという恐ろしい鍵…!」と慄いた私。

鍵閉めずに用を足しましたよ。


街歩き再開。

地下鉄とバスを乗り継ぎ、ドナウ河を渡って、ドナウタワーへ。
ドナウタワー

夏の日の入りは遅く、夜景を見るためにコースに組み入れたのに、夕焼けすら見れなかった…
夏のヨーロッパオソロシス('A`)
ドナウタワーからの眺め


(しかもタワー降りてバスで地下鉄の駅まで戻ったらきれいな夕日が…ああもう、あたし色々外し過ぎ)

地下鉄でまた市内中心部まで戻って、てくてくてくてく観光。


市庁舎
市庁舎


ブルク劇場
ブルク劇場


ヴォティーフ教会
ヴォティーフ教会(大)


この辺でもう私の腰が限界だったんで、トラムで移動して、マリアテレジア広場の方まで。


マリア・テレジア像と美術史博物館。
マリア・テレジア像と美術史博物館


地下鉄でシュテファンプラッツ駅まで移動して、


何だかんだでもう10時じゃないですか、晩御飯晩御飯。
ペーター教会



ご飯はウィーンで一番古いビアレストラン、Zum Bettelstudentで。
Zum Bettelstudent

こういう照明を抑えてるレストランは大好き。
Zum Bettelstudent店内

後悔の無いよう、ウィンナ・シュニッツェル。
ウィンナシュニッツェル


さて、たくさん歩いた&食べたし、ホステルへ戻ります。また明日は朝から列車移動。プラハへ戻ります。
地下鉄駅