読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

オペラハウスに振られた話。

Nha+Hat+Lon+(1)_convert_20121116180601.jpg

もうずいぶん長いこと、オペラハウスへ行っていない気がする。

振り返れば、何と4月が最後。それだって自分でチケットを取って行ったものではなく、たまたまご招待いただけたから行ったのであって、自分でコンサートチケットを買って入ったのは1月2日が最後。
ベトナム人アーティストのコンサートに惹かれるものがなかったり、コンサートのためだけにバンコクへ行ったり、そもそも今年はハノイを離れている時間が多かったのが原因。毎年3回は行ってるのに。

先日、『Sketch』を見ていて、ホーチミン氏の『獄中記』を元に作られたオペラ・『Co sao』が実に36年ぶりに上演されると知り、久しぶりに心の沸き立つ感じがした。
さっそく、チケットを求めて某旅行会社のオフィスに行ったのが、確か今月頭。そのときは、チケット販売開始は公演の1週間前と言われ、とりあえず2枚予約をお願いした。

それが、今朝、電話があって、「チケットの販売が取りやめになった」と。
昨日は夫の帰りが遅かったのと、ツナが暴れてうるさかったのと、大家さん夫婦が騒がしかったのとでとにかく眠れなかった。そんなときに、朝の9時に電話があって、実はやっと眠りに落ちたところだった私は、詳しい事情も聞かないまま、「あ、わかりました…」とだけ言って、電話を切った。

さて、1)代理店販売をやめた 2)公演が招待制になった 3)そもそも公演自体中止になった、どれでしょう?
そもそも今回の公演はVNSOによるものだから、代理店販売が取りやめになった、というのは考えづらい。となれば、2か3か…。とりあえず、すでに公演1週間前、何かしらの情報はあるはずなので、明日オペラハウスへ行ってみるつもり。

そもそも今月は「芸術の秋」ということなのか、各所でコンサートが目白押し。実は今回のオペラを見るために、あきらめたコンサートが一つある。また皮肉なことに、そちらもオペラハウス。
どうも今年は、オペラハウスに縁がないようだ。