読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

さて皆様、こちらはご存知でしょうか。

前回ホーチミンに行くにあたり、現地のお姉さま方にお願いしていたものがあります。
ホーチミン入り前日の朝、いきなり夢うつつの中でこの存在を思い出し、FBを通してお願いしようとするもメーカー名を忘れてしまい、Googleで検索に検索をかけて、ようやく写真が1,2枚ヒットしたものを投稿に貼り付けてお願いしたのです。

で、快く「OK!」の返事をいただき、彼女たちは会社のスタッフに聞いてくれ、1人の社員さんが「ああ、これうちの隣で売ってるから買ってくるねー」と言ってくれたそうで、お店で買って、土曜が出勤日だった某おじさまに渡しておきます…ということで決着したのです。



が。



いざ現地に行けばあまりにも呑みの時間が楽しすぎて、何と頼んだ方も頼まれた方も存在をすっかり忘れるという事態。結局帰りの便のチェックインも済んで、搭乗を待つのみとなった夫の元へ、おじさまから電話が入り、「じゃあ、今度ハノイから来る出張者の人に渡しておきます〜」ということになりました。


で、2日か3日ののタイムラグをおいて私の手元にきた、このお菓子。みなさんごぞんじですか?


どん。


お饅頭ですね…。



二つに割ってみました。はい、どん。


何かの餡と、卵の黄身の塩漬けが入ってます。だからといって、もちろん月餅ではありません。
このお菓子に関しては、この餡が肝になります。



おそらく好き嫌いがはっきり分かれると思うこのお菓子。さて、正体やいかに?!




正解は、















越後製菓!














ではなくて、


これ!

Bánh Pía!!
こちらのバイン・ピア、パッケージでなんとなく分かるかと思いますが、緑豆餡にドリアンを混ぜ込んで作られた饅頭で、ベトナム南部、ホーチミン市から240?離れたところにあるソクチャン省の銘菓です。

ドリアンが入っているなら「サウジエン」または「サウリエン」というのでは?何でまた「ピア」と呼ぶのでしょうか。







さあ?






いや調べました!調べたけど分かんなかった!ソクチャンにはクメール族も居住しているので、その関係かな?と思ったけど、どうも違うようです。クメール語でドリアンはトゥーレーン、だそうで…

元は薄い皮が何層にも重なった、中国・蘇州風の月餅がその原型であり、明香人(=現在もベトナム南部に居住する華人)によってベトナムに製法がもたらされたのが17世紀のこと。当初は家庭内で作られていたものが、19世紀になってソクチャン省・ブントム村(現在のフータム村)出身の、ダン・トゥアンという人物によって製造販売のシステムが確立。現在も、バイン・ピアの製造元はフータム村に集中している。
当初は皮と餡だけで作られており、卵の塩漬けが入るようになったのは最近のこと。

またの名をBanh Lot Da(バイン・ロット・ザー、または、バン・ロット・ヤー)とも言い、これを和訳すると「皮をはがす菓子」。先にもちらっと書きましたが、バイン・ピアの特徴は、薄皮が何層か重なっていることです。また、餡にはラードが練りこまれていることもあって、柔らかく、ねっとりした食感が楽しめます。餡の甘さを、卵の塩漬けが引き立ててまた美味しい、んですが、卵の塩漬けは嫌いな人多いですよね…。


バイン・ピアの製造元はいくつかありますが、中でも一番おいしいのが写真のLap Hungのもの。


ソクチャンの人が言ったんだもの、間違いないよ!!!


そもそも私とバインピアの出会いは2年半前。私のベトナム語の先生がお家に招いてくれた時に、私にくれたものです。
聞けば先生の所属する学校の偉い人がソクチャンへ行った際、現地の人がお土産に持たせてくれたのを、先生に分けてくれたのだそうで。

「ドリアン食べれたっけ?」と聞かれたその時、私は「はい!」と即答しました。じつはそのときまで食べたことなかったんだけど。今考えればよくそんな風に答えたなあと思うけど、普段パクチーを食べれないことを馬鹿にされていたので、おそらくその反動です。

で、食べてみたらものすごく美味しかったのです。確かに独特のにおいはありますが、ベトナム菓子にありがちなパサパサ感は一切なく、しっとり柔らか。黄身の塩漬けもちょうどいい塩梅で、私はベトナム菓子にこんな美味しいものがあったとは、と感動さえ覚えました。本当です。(注*個人の主観です)
で、そのときのバイン・ピアがこの、ラップ・フンのものだったんですよね。

小さい工場で、手作業で作っている(らしい)せいか、流通量も少ないようで、実はメーカー名を忘れた私が、Googleで検索しても中々出てこず。もちろん様々なメーカーがあるんだけど、どの名前を見ても違和感があり、最終的に入れた検索語が、「banh pia ngon nhat(一番おいしいバイン・ピア)」。もうやけくそ。
そこでようやく、1枚だけ出てきた写真を見た時の興奮ったら、もうあなた。


ただ、バイン・ピア自体はハノイでも売られていますが、ラップ・フンのものは見たことがありません。
で、ホーチミンのどこで売られているかも分かりません!(聞けばいいのに!)


ドリアン好き〜これ食べたい!という奇特な方は、下記までお問い合わせください。
ベトナム風ソーセージのラップ・スーンも美味しいようです。

◆Lap Hung◆
Add: 130-134 Ly Thuong Kiet-P1-TP.Soc Trang
Tel: 079-3822369/079-3612369

or

Add: 31-33 QL1A -P.7 TP.Soc Trang
Tel: 079-3622118