読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

パンとミイラとメルカドと。

◆CENTRAL AMERICA◆ Mexico_Guanajuato

グアナファトは連日快晴なり。
DSC_3194_R.png

朝ごはんは、カンパーニャ教会横の坂を上がったところにあるカフェで、
DSC_3214_R.png

DSC_3218_R.png

DSC_3219_R.png

迷った。

DSC_3221_R.png



10分後、(´・ω・`;)「…教会まで戻ってみる?」なんて話してたところに、見つけた!

Cafe Carcamanes
DSC_3229_R.png

DSC_3239_R.png

DSC_3257_R.png


ここへ来たあたりから、Tちゃんのカンクン下げが始まります。
「カンクンこんなおしゃれカフェないよー('A`)」
「ってかほんと海しかないし、物価は高いし」
「日本食は高いしー(・ω・`)」(鶏唐揚げ定食が30ドル!)

なるほど、実際私もカンクンの街の印象って…ないなあ。チチェンやバヤリドはカンクンとは州が違うしなあ。お金が余ってるとか、海がよっぽど好きなら別だけど、そうじゃないなら住み難いってのは確かだと思います。

まあカンクンの話はともかく、ここで食べた小麦粉のトルティーヤは味がしっかりついていて、とても美味しかったです!たぶんこの旅で一番。
DSC_3261_R.png

DSC_3264_R.png



さて、いい気分になったところで、バスに乗ります。

DSC_3272_R.png

運転手に「Momias?」と聞いたら「Ok,OK」って言ったのに、いざ停留所まで来ても何も言ってくれず…。たまたま前に座ってたおばちゃんが「あなたたちMomias行くんでしょ?ここよ!」って教えてくれなきゃずーっと終点まで乗ってたよ!しかも降りようとする私たちを尻目に走り出すバス。これも、周りの乗客のみなさんが運転手に言ってバスを止めてくれました。メヒカーノ優しいなあ…

そしていい眺めだなあ…
DSC_3275_R.png


さて、「Momias」って何よ?

えっとね、ミイラです、ミイラ。

グアナファトにはミイラ博物館なるものがあるのです。
地球の歩き方には「バスで20分」とありましたが、なんのなんの、10分もしないで着いちゃいました。むしろ歩いて20分。ただ登り坂がきついので、行きはバスで行った方が賢明かと。

DSC_3280_R.png

DSC_3282_R.png

DSC_3284_R.png

中は撮影可ですが、最初に入った部屋の空気が重すぎて、1枚も撮らずに出てきました。
こちらに展示されているミイラは、すべて一般人のもの。グアナファトの気候は非常に乾燥しているため、土葬にするとわずか数か月でミイラ化してしまうんだそうです。で、埋葬後5年が過ぎると、埋葬税の収められていない遺体は掘り起こされ、状態の悪いものは火葬に、そして状態のいいものは展示するんだそう。
展示するって発想がすごいな。
博物館の内部が気になる方はこちらからどうぞ→


帰りは、徒歩で。
DSC_3286_R.png


そして、イダルゴ市場でお買い物。
DSC_3300_R.png

カエルやミイラのイラスト入りのTシャツがたくさんあったー。ザ・グアナファト。
(↓買ったTシャツ。買ったときは何でこんなカエル押しか知らなかった)
DSC_7081_R.png

グアナファト名物、ミイラの形のミイラ飴も入り口付近で売ってます。ミイラ博物館で買うより安いらしい。


DSC_3295_R.png

DSC_3303_R.png

ここで小休止。市場の中で、ミックスジュース。オレンジ+マンゴー。

DSC_3305_R.png

DSC_3309_R.png

市場を出るときに、Tシャツを買ったお店の前を通ると、お店のおばちゃんが手招き。「ミネラルウオーター忘れていったでしょー」って。ああ、メヒカーノ…。・(ノД`)・。


つづく。