読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

ハロイ

ここ数日、なんかっちゃー雨の降るハノイ。

雨が降るともれなく頭が痛くなる私としては、ここ数日の天気はまったくもってありがたくない。ハノイの雨は一度降り出すとしつこいので、尚更迷惑なのですが、そんな雨に関係のある話をひとつ。


Hà Lộiという言葉を聞いたことのある方はいるでしょうか。

私が初めてこの言葉を聞いたのは2008年の夏のことで、当時はハノイ市がハノイの南に位置するハータイ省全域とホアビン省の一部、そして北に位置するヴィンフック省の一部を合併し、その面積が3.6倍にもなるという話題で持ちきりで、ハノイ市に組み込まれることになった地域は、「ハノイ?(ハノイ・ハーイ)」と呼ばれていました(今もかな?)。

その頃まだ日本語教師をしていた私。休憩時間に、ハータイ省出身の学生と、他数人の学生が「ハロイ・ハーイ」なんて言いながら笑って話しているのを聞きました。
この「ハロイ・ハーイ」、ベトナム語で表記すると「Hà Lội hai」になります。
ハータイ省を含む一部の省の方言では、「N」の音を「L」と発音するため、それを揶揄する言い方だと思って笑って聞いていたんですが、学生に「先生、ハロイ・ハーイが分かりますか?」と聞かれると、言葉に詰まりました。
知ったかぶりは語学学習の敵。何よりここで現地人に向かってドヤ顔で持論を展開するほど私も神経が太くありません(いやこれは無神経っていうのか?)から、素直に「あ、分かりません…」と教えを請いました。

すると、そんな方言は一切関係なく、そもそもベトナム語には「lội」という単語が存在しているんだそうです。

「lội」とは「泥水のある」という意味。

「Hà Lội」とは雨が降るとそこら中が泥水に沈むハノイの街を揶揄していたわけです。
そう、ハノイの雨のたちの悪いところ、それは一度大雨が降ると必ずどこかが浸水し、バイクやタクシー、バスなどが立ち往生すること!私は大雨が降った日は家から出ません。出られないし、出たところで移動できないからです。


この話を聞いていたく感心した私ですが、それからしばらくしてハータイ省の人たちとの縁がなくなり、この話は忘却の彼方へ。
それを急に思い出したのは、ハノイ発のアパレルブランド、『Bo Sua』の2013年SSコレクションに、まさにこの「ハノイ水浸し!」をデザイン化したTシャツがあるから。↓
DSC_9081_R.png

これ欲しいなあ…ハノイという街をよく表しているデザインだと思うし。
こちらの『City of flood』以外に、『City of noise』、『City of dust』があります。

Bo SuaのTシャツは洒落がきいている上に、ベトナム的なモチーフを上手くオシャレに落とし込んでいるものが多いので、ハノイ土産としてもおすすめ。確か最初はTa Hien通りに狭い店を構えていたのが、気付けばハノイ市内に数店舗を展開。ホーチミンにも進出した勢いのあるブランドです!

Bo Suaのブランドページはこちらから→

ああ頭が痛い。
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村