読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

モロッコ 6日目・イスラム美術に酔いしれて

やたらしっぽの太い猫。命名「海老天」。
DSC_1787_R.png


DSC_1796_R.png

メディナに戻って、ようやく観光です。モロッコ最終日にして、ようやく観光らしい観光を…!

DSC_1804_R.png

まずはベン・ユーセフ・マドラサ
元は14世紀に建てられたコーラン学校で、その後16世紀に現在の形に建て直されました。「マドラサ」はアラビア語で「学校」、「ベン・ユーセフ」とは「ユーセフの息子」の意。スペインからモロッコに移住したアンダルシア人によって施された装飾が美しい建物で、全盛期には約900人もの生徒が住んでいたとか。
DSC_1873_R.png

DSC_1812_R.png

DSC_1849_R.png

DSC_1817_R.png

DSC_1840_R.png

DSC_1827_R.png

DSC_1828_R.png


これ全部手作業とか当時のムスリムの頭の中ってどうなってたんだろう。


学生の小部屋。
DSC_1852_R.png


部屋の窓からの風景
DSC_1857_R.png


DSC_1864_R.png

DSC_1867_R.png

DSC_1870_R.png


とにかくどこを切り取っても美しいベン・ユーセフ・マドラサ。ため息が出るわ…


そしてこのベン・ユーセフ・マドラサ、チケットには2種類あって、ベン・ユーセフ・マドラサにしか入れないものと、近所にあるミュージアムとの共通券とがあります。たしか単独チケットが50DH、共通券が60DHというわけで、お得な共通券を購入。

その共通券が使えるのは3か所。ベン・ユーセフ・マドラサ、マラケシュ博物館、そしてクッパ・バアディンです。

ベン・ユーセフ・マドラサを出て、マラケシュ博物館に向かいます。
DSC_1948_R.png

元は19世紀に建てられた宮殿で、1965年にマラケシュで最初の女学校として使われましたがその後閉鎖。1997年よりミュージアムとして使われています。こちらも装飾が美しい!
DSC_1878_R.png

DSC_1906_R.png

DSC_1888_R.png

DSC_1890_R.png

DSC_1892_R.png

DSC_1894_R.png

DSC_1895_R.png

DSC_1911_R.png

DSC_1916_R.png

偶像崇拝が禁じられているイスラム教では、神の姿を表さない代わりに、信者たちの創作意欲はコーランの装飾、そして建造物の装飾の発展に向かったそうです。よくもまあここまで…
私、インドのブロックプリントとか、細かい模様がだーって並んでいるのが大好きで、だからこういったイスラム建築を見るのも好きで、今回ものすごく楽しみだったのだけど、いざ行ってみたら好きとかそういうのを飛び越えて、気の遠くなるような感覚を覚えました。あの細かいタイルのひとつひとつ、天井に施されたあの溝のひとつひとつが彼らの信仰心であり、神の言葉であると考えれば、自分がここにいることの不思議がいっそう増して、頭の中が空っぽになるような、そんな気がしました。もうまるで宇宙。


宮殿のハマム(公衆浴場)。
DSC_1933_R.png

DSC_1938_R.png

ちなみに前述したとおり、こちらミュージアムなので、このハマムのように、もちろん色々展示がされているんですが、…まあ、あの、やっぱりこの建物の前には霞むなあ、と思いました。



博物館を出て、クッパ・バアディンへ。12世紀に造られた水利施設です。ここは外から見ただけ。…閉まってたから。
DSC_1951_R.png

マラケシュには他にも美しい建物が存在しますが、私たちが見たのはこれだけ。でも満足ですー。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村