読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

夢の国で起こった悲劇

さて、話はだいぶ遡るのですが、9月16日に夢の国に行ってきたんです。

「今度帰るときはディズニー行くんですー、何か今年30周年らしいんですけど」ととある人に話したら、
「あー、もう30年かー…って、hachiheoさん、もしかして生まれたときディズニーランドもうあった…?」と聞かれました。ありました。
母は母で、「私が結婚した年にできたんやもん。あーもう30年かー…」なんて遠い目をしていました。


さて、ところでみなさん、9月16日ってどんな日だったかご記憶でしょうか。



そう、



台風18号が猛威を奮ったあの日でございます。



京都の桂川の水が市街地にまで溢れ出していたあの映像を見た時は「あれ、ハノイが映ってる」と思いました。
そして東京も例外なく雨と風にさらされたわけで、Facebookに「今日はディズニー」と投稿したら「なぜよりにもよってこんな日に!」とのコメントをいくつかいただきました。

仕方なかったの!!ホテルから何から全部予約済みだったの!!

13日から東京にいた私と母は、ホテル最寄りの馬喰町駅から出てる都営地下鉄線だったかは台風の影響でストップしていて乗れなかったんですが、それでも何とか東京駅までは無事に出ることができました。
しかし、京葉線が運行停止。聞けば京葉線って雨風に弱く、すぐ止まるそうですね。
千疋屋のマロンプリンを、多くの帰宅難民同様、駅の床に座り込んで食べながら考えに考えて、結局羽田空港まで出て、そこからバスでディズニーランドまで行きました。あんなに車の走っていない道路は初めてみたよ…。


意外にもディズニーシーはどの乗り物も全て動いており、驚くべきことにほとんど全てのアトラクションが5分待ちになっていました。こんなのディズニーじゃない!なんていいながら、乗りたい物すべてを順調に乗っていった我々親子。
夕方には晴れて、人も増えてきたけど、それでも25分待ち。14時から遊び始めて、20時にお腹いっぱい。いかにディズニーでは待ち時間に多くの時間を割いているかを実感。


シーではいきなり指さして笑われたり


富士山が見えたりして、楽しかったです。


翌日はディズニーランド。



いつも通りのディズニーでした。こちらも、とても楽しかったです。

エレクトリカルパレードでマリーを見た少年が、「何あれーあんなん知らんわー、お母さんあれ何ー?」なんて関西弁でひとしきり騒いだ後、


「分かった!





スヌーピーや!!!!!」



あんたは何もわかってへん!!!そもそもスヌーピーなんて猫出てこおへんやろ。



…で、ご機嫌でホテルに戻ろうとしたその時、ワタクシ、カメラを落としましたーーーー!!!!
ガチャンっていったの、ガチャンって!!
もう私真っ青!!ほんまもう何してんの自分!!!
浮かれてる場合じゃないから!夢見てほわほわしてるんじゃないよ!!

ああもう、どんだけ自分を責めたか…(´;ω;`)



さて、カメラどうなったかというと、一応普通に写真は撮れてます。よかったー。
ただ、電源を入れると「何らかの異常を検出しました。復旧にはもう一度シャッターボタンを押してください」というメッセージが毎回出るので、面倒なんですが。

修理に出そうかとも思ったんですが、見積もり+修理で1か月かかるのと、これから年末にかけてカメラを使いたい場面がいくつかあるので、修理は先送り。来年修理に出すことにしました。
あーストラップはやっぱり、首からかけるタイプの方がいいのかなあ。