読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

今、色んな意味で話題の『Zone 9』に行ってみた。

さて『Zone 9』です。
その存在を知って「面白そう、行こう行こう!」と言ってから数か月、ようやく行ってきました。

『Zone 9』とはショップ・カフェ・バー・スタジオなどが集まった、アーティストたちによる「合作社空間」なのですが、ここの特徴はとても広い廃墟空間を利用していること。TW 2薬品という会社の工場だったこの場所は、工場移転後はバイクや車の洗車・修理サービスに使用され、残された建物は雨風に曝され荒廃化。そしてこの廃墟と化した建物に注目したアーティスト集団がいて、若者たちが好む空間を作り出そうとした結果、ここ最近のレトロブームも相まって、今やここにはカフェありーの、バーありーの、ブティックありーの、フォトスタジオありーの、ヨガクラスありーの…とまあ複合施設化したわけです。

Zone 9についての記事は以下から。

話を聞くと非常に面白そうな場所。しかし『Zone 9』がこうした「経歴」以外に世論の注目を集めることになったのはその事故の多さ。9月には建物の3階で写真撮影をしていた若者3人組が階段の手すりにもたれかかったところ、手すりが崩れ落ち、転落。さらに今月19日には『Zone 9』内のバーでの工事作業中、はんだ付け作業の際に散った火花によって火災が発生、作業員6人が死亡するという大惨事に。
元々1959年に建てられたこの建物にこういった空間を作り出すことを疑問視する声はあったそうですが、今回の火事で「やはり閉鎖すべき」との意見が多く上がりました。一方で少なくとも今回の火事については作業員の不注意であるという声もあり、議論が紛糾しております。
そんな中、『Zone 9』は自身のFacebookページで「建物の構造・強度に問題はない」とする建築家の見解や、かつて製薬工場が稼働していた時代にそこに勤務していた女性の声などを掲載し、あくまで建物に問題はないとの態度を取っています。


さて、実は転落事故のニュースがあって行く気を失くした『Zone 9』だったのですが、今後どうなるか分からないなら今のうちに行ってみよう、というわけで、行ってきました。


今回は旧市街に寄ってから行ったので、36番バスで。Tăng Bạt Hổ通りに入って2つ目のバス停。Tăng Bạt HổとNguyễn Công Trứの交差点を過ぎたあたりで下車。公園を挟んで向かい側が『Zone 9』。

入り口はTrần Thánh Thông通りの9番地とNguyễn Huy Tựの38番地の2つ。『Zone 9』にはA、B、C、D、4つのビルがあり、A棟にはTran Thanh Thongから、残りの3棟にはNguyen Huy Tuから入れます(もちろん中で繋がってる)。

今回はNguyen Huy Tuから入りました。




建物の中。工事中のところや、未使用のスペースもちょいちょい。まだまだこれから。


(犬は本物)


次事故が起こるとしたらここだろうな。


何とも皮肉な…


たよりない階段。



さて写真の多さからも分かる通り、私ここものっすごく気に入ったのでした。元々古い建物好きなのです。
でもハノイにある古い建物で出入り自由の撮影自由なところなんてそうそうないのね。だからこういうところに入るとテンション上がって上がって仕方ないわけです。

ここで私は明日の軍資金(明日はUNISでチャリティーバザー)を半分使いました。だが後悔はしていない。
食べたものに食べた場所、買ったものに買った場所はまた後日。


◆Zone 9◆
Add: 9 Trần Thánh Thông/38 Nguyễn Huy Tự
Access: 旧市街から→36番バス「KDT Linh Đàm」行きに乗って、48B Tăng Bạt Hổ下車。このバス停は他に4番・18番・42番・46番が止まります
    My Dinhから→44番バス「Trần Khánh Dư」行きに乗って、9 Trần Thánh Thông下車。このバス停は他に18番・36番・42番が止まります。また30番バスで176 Lò Đứcで降りるのもあり。


にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村