読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

バンコク夫婦旅・おわり 雑感

さてあっという間の3泊4日でござーました。どれぐらいあっという間だったかというと、「えーもう帰んなきゃダメなのー?帰りたくないねー」なんていう隙を与えられなかったぐらいあっという間。いつもなら「帰りたくない」を30連発ぐらいするんですけどね(主に夫が)。
ちなみにハノイ帰着後もあっという間でした。というのも、バンコクに行く3日前だかに大家さんから「25日までに引っ越してくれ」と言われたのが原因。いきなり何事かと思いましたが、聞けば大家さんが家を売ることになり、買主が「新しい家でテトを迎えたい」なんてほざ…いえ、言ったもんだから、大家さん自身もびっくりの急いで引っ越しという事態になったわけです。幸い大家さんの知り合いが近くで貸部屋をやっていて、これまた運よく窓付きの空室があって、しかも猫OKだったので、引っ越すように言われてから12時間後にはもう3か月分の家賃を前納しておりました。で、バンコクから戻って引っ越し準備。そうこうしている間にZone 9の閉鎖命令が21日に出たりですね、まあでも別れを惜しむ暇もなかったんですが。再開したらいいなあ。


まあとにかくバンコクの話を終わらせます。

正直バンコク自体6回目だったので、「うわまたかー」ってかんじだったんですが、なんのなんの来てみたら楽しかったです。
まず飛行機を降りてふと感じたのが「バンコクって懐かしい匂いがする」ということでした。面白いもので、東南アジアと一括りにされど、国によって、あるいは街によって空気の匂いって見事に違うんですよね。それをどう、と具体的に説明することはできないんですが。とにかく今回バンコク後に降り立って感じたのは懐かしさで、何となく多くの旅人がタイに戻ってきてしまう理由を感じたような気がします。そもそもアジアのハブであるという、実利的な部分を抜きにして、ね。

そしてやはりアジアは魅力的です。お金を使わずに日々を過ごすことも、ふんだんにお金を使った遊びをすることもできる。そしてたとえその日の出費を安く抑えても、惨めさを感じることがない。むしろお金をかけるのが馬鹿らしいぐらいに安いご飯が充実していて、しかも美味。さらにバンコクぐらいになると、コンビニや薬局がそんじょそこらにあるので、いざというときに何かが入用になっても、きちんと手に入る。この利便性はやはり羨ましいと思いますよ、ハノイ在住者としては。完全に旅行者の味方じゃないですか。いいね、バンコク。


4日目はもう帰るだけ。フライトが午後2時半(今回はVietjet Airを利用)だったので、空港でお昼を食べて、ファミマでお土産を買ったぐらいです。空港ってほんと楽しいね。
写真はスワンナブーム国際線出発ターミナル内のミスドで買ったドーナツ。さすが、タイ文字入り。

中身。


地味に旧正月も来タイします。いい加減バンコク以外の街にも行きたいなー。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村