読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

飛騨高山酒池肉林ツアー・お肉編

IMGP0376

GW終盤に、岐阜県高山市へ 行ってきました。高山市オンリー2泊3日、with 母。

飛騨地方に行くなら、そう、牛肉食べないとね!というわけで、肉肉しい旅になりました。そんなわけで、今回はお食事どころのまとめです。

酒池肉林の「肉」って豚肉らしいけど、まあいいよね。肉食べて酒飲んだんだから、酒池肉林ですよね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まずは到着した日のランチから。ステーキとハンバーグのお店、『Le Midi』。母が前回高山に来たときにここで食事をしたところ、とても美味しかった、というのでこちらに。連休中とあって1時過ぎでも満席。30分ほどで空くかも、とのことだったので、電話番号を伝えて、待ち時間の間近くをブラブラ。20分ほどで呼ばれました。

母はランチセットを、私はアラカルトのステーキをオーダー。

ビジュアルの美しいスープ(母の)。あわあわ。

IMGP0419 


メインのお肉! ここは一発サーロインで。

IMGP0423

 付け合せはカリカリベーコン、青菜のソテー、ポテトのキッシュ(だったかなー)、大根のキャラメリゼ、たまねぎのオーブン焼き。

IMGP0425

IMGP0428 

うんまい。お肉もさることながら、付け合せの野菜たちの美味しさったらもう、たまらない!玉ねぎはとってもジューシーだし、大根のキャラメリゼはこれだけをご飯と一緒に延々と食べていたい味。それぞれ食感も味わいも違うので、ともすれば飽きの来やすい脂の多いサーロインでも、休み休み、最後まで楽しくいただけます。ほんとに野菜が美味しい!


 どうやらプリンも有名らしい、というわけで、デザートに宿儺(すくな)かぼちゃの三ツ星プリンもオーダー。むふーん、幸せ。

IMGP0433

 

繁忙期のせいか、雰囲気が忙しないところがありましたが、私は満足しました。落ち着いて食事するなら平日とかの方がいいかも。ああ大根のキャラメリゼが食べたい。

◆LE MIDI◆

Add: 岐阜県高山市本町2-85 (高山駅から徒歩10分)  

Tel: 0577-36-6386 

Open: 平日・11:30 - 15:00 / 18:00 - 21:30 (木曜定休)

           土日祝・11:30 - 15:30 / 17:30 - 21:30

Web: http://www.le-midi.jp/ 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

続いて、街中でふらりと入ったお店の飛騨牛握り。高山では飛騨牛まんとか、この握りを扱うお店が複数あり、気軽にテイクアウトできます。おせんべいの上に乗ってるのが面白い。

IMGP0545 

 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 今度は焼肉!お肉やさんが経営する焼肉店、『丸明』。ビールが飲めないので、最初から日本酒。

IMGP0751 

 

盛り合わせをオーダー。母の「せっかく来たんやし、ええもんを」の一言で、上盛り。きゃー!母上と呼んだらいいかしら、お母様と呼んだらいいかしら。

IMGP0752 


 母娘揃ってあまり焼肉に行かないので、恐る恐る焼く。残念ながら部位をまったく覚えてない、が、角切りのお肉がたまらん美味しさだったのは覚えてる。

IMGP0763 

 

〆の釜飯。

IMGP0767 


ディスプレイの、牛の頭のさるぼぼ(牛ぼぼ?)がかわいかった。写真撮らせてもらえばよかったなあ。

◆丸明 高山飲食店◆

Add: 高山市天満町6-8 

Tel: 0577-35-5858

Open: 11:00 - 21:00 (元日のみ休み)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最終日のランチは、高山グリーンホテルの『サミット』で。彼方に雪嶺を眺むレストラン。北アルプスかな?

IMGP0815 


飛騨牛ハンバーグ。

IMGP0805 


デザートの、蓬のシフォン。蓬の爽やかな味と、あっさりめの生クリームが相性よくて美味!次にまた高山に行くなら、春に行ってこのシフォンを食べたい(毎年あればいいけど…)。

IMGP0812 

◆ステーキ&欧風料理 サミット◆

Add: 高山市西之一色町2-180 

Tel: 0577-33-5500 

Open: 7:00-9:30 / 11:30-14:00 / 17:00-21:30 

※窓際の席は人気なので予約が望ましい

 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

肉の旅の〆は駅弁で。『飛騨牛しぐれ寿司』。

IMGP0925 

 正直あまり期待してなかったけど、このローストビーフは柔らかくて、肉の甘みも感じられておいしかった!

IMGP0922 

高山駅の売店で購入。予約もできます。

 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<番外編>

『飛騨の味 酒菜』では肉抜きの夕食を。

 

地酒セット。飛騨の地酒4種類が楽しめます。A、Bの2種類があり、こちらは「蓬莱」「奥飛騨」「山の光」「久寿玉」が入ったAセット。

IMGP0559 

たしか「山の光」が結構好きな味だった。


熟成古酒・「酔翁」。古酒大好き!この写真ではわかりづらいかもしれないけど、きれいな琥珀色。

IMGP0575 

「山の光」、「酔翁」、そして『丸明』で飲んだ「原酒 蔵酒」、すべて『平田酒造場』で造られているもの。これはつまり、とても私好みの酒造ということだわね。覚えておこう。


牛脂に疲れた胃を労わるために、刺身。タコが光ってる。

IMGP0563 


つまみの串カツ(あ、肉だ)。 

IMGP0566 


5月頭の高山、夜は冷えるーってことで、おでん。デンデンデデンッ

IMGP0569 

 

飛騨は水がおいしい、ときたらこれだよね、ってなわけで〆に蕎麦。 

IMGP0576 

◆飛騨の味 酒菜◆

Add: 高山市花里町6-9-8 

Tel: 050-5868-4827(予約専用)  

Open: 平日 14:00-16:00 / 17:00-24:00 

土日祝 12:00-15:00 / 17:00-23:00 

 

高山、肉食人間には天国でした。財布がスッカスカになるけどね、飛騨牛高いので!