読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

反政府デモで揺れるバンコクへ行って帰って来たよ。

テトはハノイにいるよ!なんて行っておきながら、結局遊びに行ってたわけです。だってHAN-BKKって往復150ドルで安いんだものー(Vietjet Air利用、もちろん時期や付けるオプションによって変動あり)。写真はお昼前のパッポン。・・・「いちごぐみ」?


今のバンコクといえば、昨年11月から続く反政府デモ(詳細はwiki等でどうぞ→『2013年タイ反政府デモ』)。私のバンコク入りが1月30日で、12月に解散した下院の総選挙が2月2日。妙に熱い時期に行ってしまったわけですわ。
バンコク封鎖とか非常事態宣言とか、そういう単語ばかりがぐるぐるして、さてはこれが夫やツナとの今生の別れに…?と思ったこともありましたが、案外のほほんとあれこれ買い物して帰ってきました。鉄道も空港も無事で良かった…!


1月30日・31日のチットロム。まだ日差しの強い時間帯で、人は少な目。テントがいくつも並んでいる様子が異様でした。


しかしこの騒ぎにかこつけて、えらい数の屋台が出現。デモグッズを売る屋台。


マッサージ屋まで!



そしてBTSの高架下にもお店がずらり。

意外とデザインの凝ったものが多かった反政府Tシャツ。元副首相Tシャツまで・・・。


ステージではライブをやってた。何故か歌っているのはBon Joviの“It's My Life”。

ドラゴンダンスも控えてる。春節だもの。



サイアムもこんな。歩行者天国状態。

今回の反政府デモにおける必須アイテム、ホイッスル。「whistle blowing(笛を吹く、告発する)」というタイ語表現に、「不正をした人間を追い出す」という意味があるそうで。英語の意味も含めて今回初めて知った。

何かずっとスカイウォークから見てたら屋台を周りたくなって、行ってみた。そして買った。


なんかほんとデモのニュースを知らずに来たら、建国記念のお祭りかなんかだと勘違いしたと思う。それぐらい、なんか思ったより平和な空気だったんだよねえ。各ショッピングセンターが閉店時間を早めていて、そこで何となく「あ、危ないんだったっけ」って思い出したという感じ。


2月1日、選挙全日の夜。


2月2日、選挙当日。この日、初めてステージ上で反タクシン演説が行われているのをを聴く。人出も多く、ホイッスルの音があちこちで鳴り響く。間断なく、隙間なく。やっぱりバンコク市民は本気だったか…。さすがにこの日は屋台にも行かず、夕方にはホテルへの帰路につきました。


スカイウォークも歩行が困難な状態でした。そんななか、タイ人が色めき立って一緒に写真を撮ってもらってる男性を発見。およ、有名人か?まだ人が多く集まる前に、たまたま私のすぐ目の前にいたのでお願いしてツーショットで写真を撮ってもらったんですが、正体不明(おい!)。振り返ればこんな人だかり。このときはタイの情勢をみんな少し忘れられたみたい。


まあそんなこんなで、かなりのほほんと過ごしたバンコクだったんですが、最終日の夜、ホテル最寄りのファミリーマートの前にタクシーが2台停まっていてね。何事かと思ったら、血を流して倒れている意識不明の男性がいてね。その時は交通事故かな、と思ったんだけど、買い物を済ませて部屋に戻ってから、「あれは事故だったのかな」と急に考え出しちゃって。事故だったかも知れない。でも、もしかしたら強盗事件だったかもしれない。彼の顔は血まみれだったけど、体はとてもきれいだったから、後頭部を殴られたんじゃないか、そしてお金を盗られた、あるいは彼は現政府支持者で―なんてね。
考え出したら止まらず、もちろん正解は分からないんだけど、どれが正解にせよ、被害者が私だった可能性だってゼロではないわけで、私は今まで海外を旅して、全ての旅を無事に終えてきたけど、それは実はとても運のいいことなのかもしれない、と背筋の冷える思いをしました。それだって、今のバンコクじゃなかったら、そこまで考えなかったよ。



そんなバンコクでございました。今は若干落ち着いてるのかな?でもまだ選挙自体も、開票も終わってないんだよね。今まさにバンコクにいる方、これから行かれる方、ニュースをまめにチェックして、十分に気を付けてください。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村