読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

10月のペナン:お食事編

本日2度目のこんにちは、hachiheoです。
前記事で「Seven Terraces Hotel」泊まってみたいーと書きましたが、泊まりこそしなかったものの、お食事だけはしてきました。

昨年母とペナンへ来たとき、バトゥフェリンギにあるテイラーさんで、「ペナンでお食事なら、ぜひSeven Terracesへ!」と紹介されたんですが、行けなかったのが心残りだったんですよねー。今回女子旅!ということで、張り切って予約もして行ってまいりましたわ!


Seven Terraces内のレストラン、名前は「Kebaya(クバヤ)」。ペナンやマラッカ、シンガポールではおなじみのニョニャの人たちが着る、あの刺繍がふんだんに施されたブラウスの名前が、店名になっています。入口はホテルと一緒。
DSC_5834 

店内の様子。上の写真はお店を出たときに撮ったので暗いですが、お店に来たのは夕方だったので、まだまだ外も明るい。
DSC_5798 

こちらのお店、注意しなければならないのが、ディナータイムが18:00~20:00と、20:00~21:30の2部制だということ。最初19時の予約にしようとしたら、18時か20時のどちらかでないとだめです、と言われました。
お皿の上に乗っているのがメニューです。オーダー式コースのみで、お値段は120RM+/person。はじめに言っておくと、1皿の量が割と多いので、シェアするといいと思います。お店の人もシェアすることを前提に考えているようでした。
DSC_5792 

DSC_5794  

 

さすがホテル内にアンティークショップを抱えるSeven Terracesだけあって、食器が素敵。
DSC_5797 


それではお料理いってみよー!まず前菜。

「Otak otak(オタオタ)」。私の知ってるオタオタではない…!オタオタって、魚のすり身を焼いたやつで、さつま揚げっぽい味わいのものなんですが、こちらではそのすり身をさらにパイ包みに仕立てています。
DSC_5802 

DSC_5806 


「Pai tee(パイティー)」。ニョニャ料理の定番ですわね。米粉で作った高さのある生地に、なますや海老を詰めたもの。さっぱりしていて美味しい。
DSC_5804 

 

メイン料理と野菜が一気にやってまいりました。どどーん。
DSC_5809 


「Organic Roast Pork」。一番無難で間違いないお料理ですね!ちょっと塩味がきつかったかな。

DSC_5812  

 

「Sambal Goreng(サンバルゴレン)」。ココナッツクリームのまったりとした味わいが特徴のソース。カレーっぽくみえるけど、カレーではない。本来サンバルは辛いもんですが、ここのは辛くない。これものすごくご飯に合います。このソースだけ欲しい!同じくペナンにあるニョニャ料理店、『Nyonya Breeze』のもおいしかったけど、ここのもなかなか。ほんと、もっとソースたっぷりもってきてー!
DSC_5819 

 

「Crispy Nyonya Tempura」。まあただの天ぷらって言ったらそれまでなんですが、妙に美味しかった、この天ぷら。

DSC_5820  

 

「Soft Shell Crub Salad」。あのね!これからこちらのお店に行かれる方ね!これ注意ね!あのね、ソフトシェルクラブは確かに美味しいけど、このサラダ、超辛いからね!!ザボンとか入っていて、香りは爽やかなんだけど、とにかく後味の辛さが半端ない。私も友人も辛いの苦手だから、これ大量に残しちゃったもの…。メニューにスパイシーって書いてほしかったな…。
DSC_5817 

メイン、チキンカピタン(カレー)にしてもよかったなー、カピタンまだ食べたことないんだった。

 

デザート。
「Pandan Creme Brulee」。これは友人のオーダー。
DSC_5827 

 

「Tang Yuen」。オンデオンデ(ココナッツの砂糖煮入り白玉)をココナッツクリームに沈めたデザート。ん、白玉…?この青はどうしたことかと思いましたが、これ美味しかったーーー♡とにかくココナッツクリームがものすごく美味でした。フレッシュなの使ってるんだね。

DSC_5831  

 

ここで、黒地のニョニャウエアの可愛さに目覚める。次ペナンに行ったときは探して買うんだー。
DSC_5832 

ごちそうさまでした。 

ホテル、およびレストランの予約等はこちらから→ Seven Terraces, Penang

 

もちろん定番も忘れていません。いつものホーカー、レッドガーデンにも行きました。
DSC_5696 

やっぱりマレーシアで飲むカールスバーグは美味い!高いけど! 
DSC_5709 

 

忘れちゃいけないこちらも、ちゃんと行ってきました。ココナッツタルトのお店、大東酒楼裏の梁池記老餅家

DSC_5730 

焼き立てを扇風機で冷ましているところ。
IMG_1897 


このビニール袋に入れてくれるところが、アジアくさくて大好きです。E&Oで夜のおやつにいただきました。ココナッツのお菓子は、買ったその日のうちに食べないと味が急速に落ちるので注意。
DSC_5727 

DSC_5839 

 

で、そのE&Oでは当然アフタヌーンティーをいただきました。もちろんお昼ごはん抜きで。
DSC_5948 

DSC_5946  

安定のクオリティ。やっぱり美味しかった。あと、前回あまりの甘さに衝撃を受けたココナッツプリンのソース(アフタヌーンティー唯一の汚点だったよ、あれは)が、チョコレートに変わっていてそりゃもう安心しました。ほんとあの甘いソース、何だったんだろう。

IMG_1931  

これで1人当たり税込RM65.3(2000円弱)は中々にリーズナブルな方だと思うんですが、いかがでしょうか。

 

ペナンでは結構同じことを繰り返している(行くたびに一緒に行く人が違うから)ので、もう記事はさらっと終わり。あとは年内にオランダ記事とウィーン記事をまとめたいと思います!終わるかな!10記事ぐらいあるんだけど!