読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

6月のオランダ:聖地ユトレヒトでミッフィーを探す。

◆EUROPE◆ Nederland_Utrecht

さて、いったんユトレヒト中央駅まで戻り、さらなるミッフィーを求めて歩きます。

なんともぼんやりしたガイドブックの地図とGoogle mapを頼りに、途中2度ほど迷いつつ。今見たら駅から目的地まで全然遠くない。どんな道歩いたんだろう、すっごい長い間歩いてた気がするんだけど…。
ほんと、オランダでSIM買って良かった。何度もGoogl mapにお世話になりました。

 

さてさて、博物館などがあるエリアとは駅をはさんで反対側、ショッピングエリアにあるのが、こちら。分かるかなー。
DSC_1981 

DSC_1984 

実はこれ、ミッフィー信号なんですー!
DSC_1985 

ミッフィー信号があるのは、世界中でもただ1か所、ここの横断歩道だけ。上の写真にチラッと写ってる、de Bijenkorfという百貨店が目印。
DSC_1990 

 

で、ここからさらに歩いて5分ぐらいのところにあるのが、こちらのナインチェ広場。
DSC_1999 

ミッフィーのイラスト入りの看板と、像があるだけの、こじんまりとした空間。よっぽどミッフィーが大好き―!!とかでなければ、わざわざ来なくてもいいかなと思います。私ですか、私は大好きだから行きましたよ、ええ!!
DSC_2005 

 

帰りは消防車など見つつ、のんびり駅まで戻ります。世界中どこでも野次馬は現れるのだなと思いました。
DSC_2010 

DSC_2023 

 

オランダ最古のゴシック教会にして、最大の高さの塔を持つ、ドム教会。写真下のロゴは、“#TDFUTRECHT”のハッシュタグがついているので分かる通り、ツール・ド・フランス関連です。今年のツール・ド・フランスのスタート地が、ここ、ユトレヒトだったそうです。自転車大国オランダはこの決定に大盛り上がりだったとか。ディック・ブルーナハウスでも、自転車に乗ったミッフィーのピンズが売られていました。
DSC_2032 

 

時間があれば、ブルーナさんも行きつけだったというお菓子屋さんに行ってみたかったんですけどねー。いかんせんハーグに行った後で、明るいとは言ってもすでに夕方。オランダってお店閉まるのが結構早いんですよね。急げば行けたとは思うんだけど、結構歩き回って疲れたし、地図読むのもしんどいし、すっぱりあきらめました。途中見かけたミッフィーショップだけ入って、ちょっと買い物したぐらい。

ああ、そういえばまったくの余談ですが、このショッピングエリアの屋台の中に、ベトナム人店主の屋台がありました。数店舗並んでるうちの2店舗の店主同士が、ベトナム語で話してた。どこ行っても会うんだよなあ、ベトナム人。

 

そしてこれまた余談ですが、私たち母娘がアムステルダムのホテルでMTVを見ていて気に入った、Kensingtonという4人組バンドがありまして、曲が全英詞なのでイギリスかその辺のバンドかと思いきや、調べてみたらオランダのバンドで、しかもユトレヒト出身でした。そう思って数曲聞くと、あのオランダで育った人たちらしい、オランダの空気を含んだ曲だなあ、と感じられるから不思議なもんだな。オランダのことなんて大して知らないくせに。彼ら、今オランダで最も勢いのあるバンドのようで、昨年発売した3rdアルバム・『Rivals』は、先日オランダでダブルプラチナムを獲得。おめでとうございます!

私がMTVで聴いた曲はこちら。オランダのバンドとはいえ、オール英語詞。そしてこのPVのロケ地はブルガリアの旧共産党本部です。かっこいい。
www.youtube.com

この曲も好き。
www.youtube.com

『Don't walk away』『Little light』もいいぞー。

さてさて、それでは電車に乗ってアムステルダムに戻りますです。