読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

2015年6月のウィーン:最終日ぶらぶら散歩。

2015年のブログが2015年の内に終わらなかったんですけど今回で終わりです!hachineoです。

 

ウィーン自体かなりメジャーな観光地であるのに加え、ウィーン最終日はぶらぶら散歩した以外特にこれといって特別なこともしなかったので、サラッといきます、サラッと。いつもダラダラ長い記事書いちゃうからね、今日はあくまでサラッと。

 

それにしてもウィーンいい天気だった!どこの国でも働く車はかっこいい。
DSC_1602 

 

宿泊したホテルがウィーン大学の近くだったので、そこら辺をぶらぶら歩くことにしました。実は日本大使館もこのエリア。お世話にならずに済んでよかった。

しばらく歩いて、市庁舎へ。
DSC_1605 

 

1872年から11年もの年月と、現在の価値に換算すると1億ユーロ以上という巨額の資金をかけて造られたウィーン市庁舎。消防局も入っているそうです。イベント期間中だったのかな、市庁舎前広場がとても賑やかなことに。
DSC_1636 

選挙か何かかな、と思ってたんですが、何でこんな風になっていたのか、結局わからず。レインボーフラッグはユーロビジョンの流れかな?
DSC_1616 

 

DSC_1735  

 

広場を挟んで向かい側にブルク劇場。
DSC_1638 

 

オーストリア最高裁判所。内部見学可能で、屋上には眺めのいいカフェもあるとか。行ってみればよかったかも。
DSC_1654 

 

最高裁前の公園がとっても気持ちよかった。花好きの母が花の名前を並べて話すのを、聞くともなく聞きながら歩く。
DSC_1659 

DSC_1661 

 

こちらの古典的ギリシャ風建築は国会議事堂。市庁舎と同じく、1883年に完成したもの。
DSC_1664 

DSC_1683 

彫刻はもちろん、この壁画もまた美しい…!
DSC_1669 

 

こちらは働くトラム線路整備車両(多分)。
DSC_1694 

かわいい。 
DSC_1696 

 

ブルク劇場に戻ってきました。正面とまた印象が変わるなー。
DSC_1704 

元々1888年にこの場所に劇場が建てられ、1945年に爆撃により焼失。戦後、1955年に現在の建物が建てられたそう。
中に入ってみたら、お掃除中でした。私は働く車も働く人も大好きです。ほんと見てて飽きない。
DSC_1744 

 

で、周り周ってウィーン大学。ウィーン大学のカレッジグッズが結構かわいいこと、帰国後に知りました。もったいない。
DSC_1754 

 

3度目のウィーンの旅を終え、正直もう次はないな、なんて現地にいるときは思ってたんですけどね。でもいやこうやってまとめてると、やり残したことや、またやりたいことがポロポロ出てきます。クラシックをほとんど聞かない私にはもったいない街だななんて思いますが、でもこうやって建築を眺めているだけで幸せになれる。やっぱり美しいわ、ウィーン。当たり前ですが、ヨーロッパと一言で言っても、同じ街なんてないんですよね。どの街にもそれぞれ独特の雰囲気がある。今回はアムステルダムと共に訪れましたが、まず街の色合いが全く違う。私にとってはアムステルダムは赤茶色で、ウィーンは白です。アムステルダムはどこか陽気だし、ウィーンはすっきりとした気品がある。今までプラハ、ブダペスト、リガ、タリン、ついでにパリ、ミラノと行きましたが、どれもどの街にも似てなかったなあ。

 

さて再びCATに乗って空港へ向かったのですが、CATのホームで衝撃の事実が発覚。

ねえ、ウィーンにHard Rock Cafeできてたのね!2011年、2012年と行って、どちらの年にもなかったから油断した…。2014年にオープンしてた。ピンズコレクターとしては痛恨のミスでした。くー。

 

もしまた行くことがあれば、今度は必ず行きます。

 

それではさらば、ウィーン!到着ロビーがかっこいいぞ!!
DSC_1760 

 

 

2016年は再び母とオランダへ、そしてもう1か国行く予定です。