読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

今なら言える、ベトナム料理はおいしい。& 入籍のゴタゴタ。

26112011_1

ベトナム料理レストランの最高峰!に行ってきたー!CULB DE L'ORIENTAL (22 Tong Dan, Hoan Kiem)。

26112011_14

26112011_2

26112011_3
アスパラと蟹肉のスープ

26112011_4
ハノイで一番と謳われる、生春巻き。海老が大きいうえに、皮がしっとり。

26112011_5
歯にあたる感触も柔らかく、全く抵抗がない!パクチーもほんのり風味づけ程度の量で、豚肉の味付けを邪魔することがない。特記すべきは、ヌック・チャムの美味しさ。飲み干した。

26112011_6
バナナの花のサラダ。酸っぱくて苦手だったんだけど、ここのはほんのり甘く、牛肉も柔らかくて極上。生貼るまいと同じヌック・チャムで和えてあります。

26112011_7
グリルチキン、レモングラス風味。柔らかー。

26112011_8
クエの蒸しもの in バナナリーフ。

26112011_9
空芯菜のにんにく炒め。

26112011_10
驚愕のミエンサオ・クア(蟹肉入り炒め春雨)。舌に乗せていきなり味が襲ってくるのではなく、味自体はあっさりして舌に残らないのに、ほわっと喉の方に漂って、その風味を楽しむのがとても幸せでした。

26112011_11


26112011_13
結婚おめでとー、とお花をいただきました。びっくり!テーブルの上にバラの花が散らしてあったのも記念日仕様。

そう、昨日26日は1周年記念日、で、それにあたって一昨日・25日、在ベトナム日本国大使館にて入籍しました。
最近の北京ダックやフランス料理は、入籍前に報告を済ませていた方々から、お祝いにとごちそうになったものだったんですー。

手続きはゴッタゴタ。
大使館で、日本人が、日本の方式で入籍する場合、婚姻届4通・戸籍謄本4通がいるので、日本から両方送ってもらったのね。
で、保証人には旦那(!)が日本の某社にいたころの上司で、ハノイの地で再びお世話になっている、おしどり夫婦Tさん・Kさん夫妻にお願いして、準備万端で大使館に行ったら…


「これは市役所の書式ですね…大使館で提出するものは書式が違いますから、書き直してください」



(゚Д゚)



は?



「あの、こちらは宛名が『〜長殿』ですね、でも、大使館に提出する場合は『〜大使殿/総領事殿』になるんです」

婚姻届
(コピー用紙やん)



(゚Д゚)



つまり、保証人の署名とハンコをまたいただかなければならない、と…

でも、ベトナムにいると、ハンコなんて皆さん常時携帯してないわけですよ。使わないから。
しかも、Tさん、出張中で不在なんですよ。海越えたところにいらっしゃるんですよ。


…とどけが、出せない…?!



しかし、神は我々を見捨てませんでした。



まず、偶々、旦那の会社には3日前に新入社員が。で、その方が印鑑を持っていた!


そして、ダメ元でKさんに電話してみたら、


「あたし嫌な予感がしてたんだよー、ストレートに入籍できないんじゃないかってー。だから、


今日印鑑持ってきてるの


神はあなたか…!!!!!

相方、速攻でオフィスへいき(私待機)、保証人欄への記入をいただいて、その後再び大使館へ戻って自分たちの署名・捺印を済ませて、提出。
婚姻届の提出なんて、日本で一番簡単な(ただし出す本人たちには覚悟が伴うわけですが)手続きだと思ってたのに、何だこれは…

ちなみに、私達は本籍を私の本籍地に置いたため、書類は3通ずつでよかったです。
また、戸籍に反映される、つまり2人だけの籍ができるのに、届出日から1か月かかるんだって…

入籍については、Facebook、Mixi、Twitterで報告を済ませており、特にFBでは懐かしい方々からお祝いのメッセージをいただき、本当にうれしいです。メールボックス開いたら、履歴にFBからのお知らせが20通以上だーっと。壮観でした。

これからも、ゆるーく、仲良く共に人生を楽しんでいくつもりです。このブログをご覧の知人・友人の皆様、これからも夫婦共々、よろしくお願いいたします。