読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

タヒエン通りのサイゴン飯屋。

タヒエン通り(phố Tạ Hiện)といえば、20世紀初頭に建てられた2階建ての長屋が並ぶ通りで、数年前にその保存を目的として、フランスのとある街からの援助も受けつつ、かつて失われた石畳が再び造られ、さらに建物の修復も行われた後、昔からあるピーナッツやソ連製時計の店も残しながら、新しく外国人向けのショップやバーなどが急速に増えたところです。ベトナム人の若者向けに、ポテトチップスや串刺しのチーズなども売られています。私は食べようとは思いませんが。

 

そんなタヒエン通りに、サイゴン風カレーが食べられるお店ができたんだって、ということで、カレー大好きな夫に連れられて行ってまいりました(店舗情報は記事の終わりに)。

 

場所はタヒエン通りの北側、かなりHàng Buồm通り寄り。テーブルは1階から、たぶん3階までかな?

こちらはサイゴン出身の夫と結婚したハノイ人の奥さんが、故郷の味を恋しがる夫のために習得したという「南部の味」を提供するお店。愛だな!
ベトナムも広し、北部・中部・南部で料理の味付けが異なります。平たく言えば、北はしょっぱい、中部は辛い、南は甘い。

メニューにはカレーのほか、コム・タムなどの皿飯、軽食類などそこそこ豊富。今回、夫はCà ri bò(ビーフカレー)、私はCơm tấm sườn(骨付き豚ばら肉の炭火焼きが乗った皿飯)をオーダー。

 

ドリンクはSỡa ngô(トウモロコシのジュース)、1万5千ドン。粉っぽくて私は苦手。

 

Cơm tấm sườn、3万5千ドン。

 

ジューシー!

コム・タムはgạo tấm(ガオ・タム)を炊いたご飯のこと。元々、コメの選別の際にふるいから落ちた、細かく割れたコメがガオ・タムで、昔は鶏のエサにしたり、貧しい人の食糧になっていたとか。それがいつしか多くの人が口にするようになり、同時にガオ・タムの価値も上がりました。このガオ・タムを炊いたご飯に焼き肉や卵を乗せたコム・タムは、特に南部の朝食・昼食の定番になっています。

 

さて肝心の味ですが、これ、お肉がすんごく美味しい!薄切りながらとてもジューシーで香ばしく、ビールが欲しくなる味。このお肉、完全にはカットされておらず、下で繋がっているのですが、柔らかいのでいい感じに噛み切ることができます(ナイフを貰うという選択肢は私にはなかった)。ご飯は、私の好みではなかったです。

 

Cà ri bò、3万8千ドン。

ザ・東南アジアのカレー。ココナッツ風味で、ほのかにスパイシー。なかなか美味です。

 

カレー目当てで行った夫でしたが、かなりコム・タム・スーンが気に入った模様。

「日本には『すき家』がある!って言えるでしょ、ハノイにはこれがある!っていえるんじゃないかなあ」

コム・タムは南部のものなんだが、それでいいんだろうか。

 

◆Càri Trương◆

Add: 2B Tạ Hiện(同じ住所の店が並んでいるエリアの、Hàng Buồm寄り)

Open: 8:00~21:00、デリバリーあり

Tel:  04 66825260