読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

The 3rd day of trip: 甘い甘いウィーン編

さて腹ごしらえも済みましたし、小銭もゲットしたんで、まずは地下鉄でホステルへ。


ウィーンで泊まったのはDo Step Inn。
ホステルDo Step Inn

Do Step Inn客室

こぎれいで、スタッフの対応も親切でした。


では、地下鉄に乗って、いざ観光!
ウィーンの地下鉄


Herrengasse駅で降りて、地上へ。
しばらく歩くと見えてきたのが、新王宮。
新王宮


フランツ1世像
フランツ1世像


王宮内を通り抜けて、
馬車


楽しみにしてたミヒャエル宮が改修中なのにがっくりしつつ
ミヒャエル宮


向かった先はDEMEL。
DEMEL

ザッハートルテ抗争の片割れですね。

ウィーンを周れるのは半日のみ、というわけでここではショップでお土産を買っただけ。
きらびやかな店内ですじゃー。
DEMEL 店内

ザッハートルテ、デメルズトルテ、チョコレート、スミレの砂糖漬けを購入。

その後、アイスをテイクアウトして、ミヒャエル宮を眺めつついただきました。ヨーグルト味美味ですた。
DEMEL アイスコーナー


さて、次の目的地へ。


途中アウグスティナー教会などを経由。
アウグスティナー教会


向かった先は、
ホテルザッハー


ホテルザッハー!
ホテルザッハー


元々今回の旅行には、相方の組み立てたいくつかのプランがあって、そこから私が選んだのがプラハ→ウィーン→プラハ。
なぜハンガリーでもなくスロヴァキアでもなくウィーンかというと(プラハで3泊という発想はなかったのか)、ここで本場の!オリジナルの!ザッハートルテを食べたかったのですよ!

神戸にある洋菓子店フーケのザッハトルテが昔からすきでねー…

ネットで、ホテルザッハーのザッハートルテは中々評判がよろしくなかったですが、いいの、ザッハーで食べたっていう事実が大事なのよ、と主張し、ウィーンに来たですよ、そして今!


わたしはカフェザッハーの行列に並んでる…!(回転早かった)


幸い、屋内のテーブルに通されました(テラス席は行列から丸見えな上、改装現場を隠す看板も相まって、あんまりよろしく思わなかった)。

いよいよ入店です。
カフェザッハー入口


おお…なんて豪華な内装…(まーこの写真じゃわからんが)
カフェザッハー店内


メニューですら独特の気品が…
ザッハーのメニュー


さて、とうとうその時がやってきた…
これが、これがオリジナルザッハトルテか…!!
ザッハー’s ザッハトルテ

一口食べた感想。
「あれ、美味しいんだけど」

日本人、舌の偏差値高すぎなんじゃないっすか?
私の偏差値が下がっただけっすか?

いや、何かフツーに美味しくいただいたよ…レシピ変えたってわけでもないよなぁ…


相方に好評だった(私にはプラムが酸っぱ過ぎると不評だった)ボヘミアンパンケーキ。
ザッハーのボヘミアンパンケーキ

パンケーキは超!美味でした、重すぎず、かといって軽くなく。もっちりした感じで、むしろこれにチョコレートかけたのを5枚ほどくれよ、と言いたかった(言えないんだが)。
私は酸っぱいのがダメなんで苦手判定出したけど、でもたぶん次行ったらまたこれ頼むよ、うん。(この矛盾)
(矛盾を生み出す美味しさなのさ)

ちなみに相方はプラハで飲んだコーヒーの生クリームが合わなかったらしく、欧州のクリームに対する恐れを抱いていた上、さらに甘いケーキを食べるのもあって、ブラックコーヒーを所望してたのに、オーダーの際についうっかり「彼女と同じものを」なんて言ってしまったがために、えらいこと辛そうにしてました。

甘党が選んだのはホイップが見事な三角錐を形成するウィンナ・アイスコーヒーだった…


仕方ないよ、ここはウィーンで我々はドイツ語ができないのだよ。まして、飲食関係の情報はザッハートルテとウィンナシュニッツェル以外は全くのゼロだったんだから…。


この後ショップでお土産を買い、私は満足、相方は満足とうんざりの混ざった顔で、再び街へと繰り出したのでした。