読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

マレーシア2013 2日目・イポー後篇というかグルメ編

イポー日記、前篇・中篇と書いてきましたが、これが後篇にしてメインの記事ですからね!
いいですか、今日の記事がメインですからね!!何なら前篇、中篇はいらなかった


イポーがグルメシティであることはすでに書きましたが、その秘密は何と言っても「水」にあります。
イポーの水はその地形的・地勢的条件からアルカリ含有量の高い、やや硬水。この条件の水で料理をすると味が良くなるそうです。
そんなイポーの名物が河粉(ホーファン)、白斬鶏(バイザンチー)、そしてタウゲ。

河粉は沙河粉、マレーシアでは粿條(クイティオ)とも呼ばれる米から作ったきしめんのこと。白斬鶏はいわゆる茹で鶏、で、タウゲはもやしのことです。もやし…?と思われるでしょうが、まあまあ続きをよんでいただきたく。


やってきたのはこちらのお店。

◆老黄 Lou Wong◆
Add: 49 Jalan Yau Tet Shin, Ipoh
Tel: +60 5-254 4199

店内は大混雑、店員さんも休みなく働き続けます。


まずは空いてるテーブルを探して席に着き、店員さんが来るのを待ってオーダー。何しろ今回のガイドさんはイポー出身。定番の鶏ともやしの他に、おすすめのものをオーダーしてもらいました。


ミートボール(豚肉)とフィッシュボールのスープ。こちら、ガイドさんおすすめ。
これが食感プリップリ、臭みもまったくなく、ものすごく美味しい!!


そしてうわさのもやし。

イポーのもやしは太くて短いんです。食感はシャキシャキを通り越してザクザク。辛みがあって、「こ、これが本物のもやしの味かーーーー」と目からうろこ。


メインの白斬鶏。これがもう、プリプリ、ツルツル、箸でつまむと滑るぐらい(いやこれは箸が悪い)。
これは自信を持って言える、今まで食べた鶏の中で一番おいしい!!ジューシーで、パサパサ感なんて一切ありません。このプリプリ感の秘訣は60度ぐらいの低温のお湯で時間をかけて茹でること。これより温度の高いお湯で作るとその辺で売ってるようなパサパサチキンになるそうで、60度という条件下で茹でるため、何度も鶏を出し入れして手間をかけて作られています。



そして、河粉。チキンスープ入りと、ケチャップというソースとあえて食べるドライタイプの2種類。我々2種類とも食べましたとも!

こちら、スープ入り。まあ要はフォー・ガーですよね。ここに先ほどのもやしを入れて食べるとまたいいアクセントになって美味。


そしてこちらがケチャップタイプ。こちらの方が好みかな。


イポーの河粉は米粉に小麦粉を少し混ぜて作っているのだそう。それが独特のプリッとした食感を生み出している、とのこと。ガイドさんは「お客様ベトナムからでよね?じゃあ、フォー食べますね?でもこれフォーより美味しいでしょ?」と誇らしげ。確かに…。
のど越しがいいのはもちろんですが、噛んだときに感じるプリッとした食感はフォーにはない。ほんとにプリっとしてるんです!タピオカ粉でも使ってるのかと思った。

スープタイプもケチャップタイプも、どちらも器が小さいので、気になったら両方食べてみるといいと思います。


このイポーの河粉にはちょっとした逸話があります。
実は昔、イポーでこの河粉を作るとき、普通に水道水を使っていたそうです。ところがある日、街全体が断水に。これでは麺が作れない、どうしたことか…と考えあぐねた結果、出した結論が「湧水を使う」ことでした。
こうしてしぶしぶ作られたイポーの湧水を使った河粉は、作り手もびっくりの、何とも驚きの美味しさ。以来、イポーの河粉は湧水を使って作られるようになりました。

河粉またはクイティアオも、もやしも、鶏も、それ自体はマレーシアのどこでも食べられるものですが、やっぱり水という武器を持ったイポーのそれに適うものなどないそうです。
実際、他の場所でクイティアオを食べたら麺の臭いが気になって、息を止めて食べました。あれどこで食べたんだったか…コタ・バルか。

ガイドさんに「ナンバープレートに『W』って入ってるのはクアラルンプールの車ですよ」と教えてもらって見てみれば、なんとまあKLナンバーの車の多いこと!みんな週末に高速使って食べに来るんですって。おそるべしイポーグルメ。


そして、ご飯の後はデザート!老黄から歩いてすぐのところにあるこちら。

豆腐花のお店です。ベトナムだとタオ・フォー。シロップに入った豆腐のデザートです。

こちらのお店、昔ながらの木の桶を使って豆腐花を製造している有名店。私たちが行ったときはもう桶一個分終わりかけで、若干残念なビジュアル…


豆腐花。ほんのり温かくて、やさしい味わい。これをペットボトルに詰めて持って帰るお客さんもいた。

この食器が欲しいんだけど、どこで買えるんだろう?
マラッカに似たようなものがあったけど、陶器製なうえに絵が雑だった。プラスチックのがいい…市場で買えるのかな?(KLの食堂でも見た)


ごちそうさまでした。
今思えばこの豆腐花のお椀といい、河粉といい、お土産に買って帰ればよかったなあと思います。まあ今回はイポーの後に3都市周ったので、ここで荷物を増やしても、ね。また行けばいいだけのこと。
実はイポーにはこれ以外にも美味しいものがあるのです。コーヒーも有名だし。…ああ、また行かなきゃ!!

KLから鉄道で2時間、車で3時間半で行けるイポー。とにかくご飯がおいしくておすすめ。KL近郊の旅のプランに、ぜひぜひ!!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村