読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

最近の若者ってやつは。

ザップ将軍の葬送が行われている間の、ベトナム国営放送(VTV)のレポーターや技術職の女性の態度があまりにも悪く、「親のしつけがなっていない」「職業意識が余りにも低すぎる」と非難を浴びています。

Hành động "tự sướng" khó chấp nhận của ekip VTV trong Quốc tang(yeah1.com, ベトナム語)

将軍の遺体がノイバイ空港に運ばれた13日、国旗掲揚塔前には早朝6時、あるいはもっと早くから将軍を一歩でも近い場所から見送りたいと、お年寄りから子供まで、多くの市民が並んでいました。
そこへ突然、VTVのレポーターグループがやってきて、市民たちの目の前に陣取りました。「そこにいられると何も見えない、どいてほしい」とある人は穏やかに、ある人は厳しい口調で、しかし丁寧さは失わないように呼びかけたそうですが、1人の女性技術は「何もわかってないくせに、勝手なことばかり言わないで」と言い放ち、彼らの声を無視。
市民からはそのあとも非難の声がありましたが、彼女はにやにや笑うだけで、レポーター集団も市民の目の前に立ちっぱなし。将軍の遺体を乗せた車が近づくと、お年寄り数人に向かって「そりゃここをどいたら、あなたたち2,3人は見れるかもしれないけど、その分何百万人って人が見れなくなるんだから!」と怒鳴りつけたと。
最終的に公安の車が2台乗り付け、このレポーター集団に注意を行い、そこでようやく彼らも列の中に入ったとか。


さらに市民の怒りを買ったのが、3人の若い男性レポーター。将軍の遺体を乗せた車がまさに今通り過ぎようとしているときに、おもむろにポケットから携帯電話を取り出し、道の真ん中で、「自撮り」を行ったのです。
この一人の人間が亡くなり、大勢の人が悲しんでいるこの空気の中で、なぜこうもはしゃいでいられるのか。
まして彼らは国営放送のレポーターであり、国葬の模様を放送するにあたって高い意識と責任感が求められるにも関わらず、実際の現場ではこんな子供の遊びのようなことをしていた、この若者たちは将軍の死という現実を前に心を痛め、多くの涙を流し、早朝から別れの時を待っていた何千という市民の気持ちなど、これっぽっちもわかっていない。

…という内容です。


私が最近の若者が嫌いな理由ってここですよ。場の空気なんて読もうともしない、自分勝手な人間が最近多すぎる。
ベトナム在住の日本人がよく口にするのが、「ベトナム人って自分勝手で人のこと考えてないじゃん」ということ。もちろん日本人でも何人でも、そんな人は少なくない数いますし、というか私自身無神経な行動をしたことはあります。また一方で、品行方正で、いわゆる「人間のできた」ベトナム人もその貧富に関わらず多く存在するのも事実です(いるのよ!!)。

しかし、こういった目立つ仕事に就いている10代・20代の若者の目に余る行動は非常に多くの人を不愉快にしています。無邪気と無神経は違うのだよ。


今年1月に見に行ったコンサートで不愉快な思いをしたのを思い出しました。
私は前から2列目だか3列目の、通路真横に座っていたのですが、コンサートの模様を撮影するカメラマンたちの私語がとても多く、耳障りでした。しかもいきなり歌いだすし。あんたの鼻歌を聴きに来たんじゃない!!

さらに一人のカメラマンがステージと観客席を繋ぐ階段(出演者が観客席に降りれるように、ステージと同じ幅に作られた階段)の中央を腹這いになりながら登り、今まさに歌っているホン・ニュンに、ステージの中央まで来て立つように要求したという場面もありました。いやだから喋りかけんなよ、今彼女、歌ってるじゃん。
眉間に皺を寄せて、首を横に振るホン・ニュン。あんな不愉快そうな顔は初めて見ました。これには鼻歌歌ってたカメラマンもドン引きだったようで、何か一言二言言っていたけど、でも出演者側からクレームが来るとか、運営側から注意を受けるとかしないと変わらないんだろうなあいつは。



ベトナムは経済面では大きな飛躍を遂げたと思います。しかし一方で生まれる子供の数が減り、一方一人当たりにかけられるお金は増えたことで、必要以上に甘やかす親が出てきたことで、躾のなっていない若者が増えたように思います。それも徐々に、ではなく、いきなり。あんたたち、プライドはどこに捨ててきたんよ。
また人の移動も増えたことで、田舎で許されてたことは都市でも許されると勘違いしている人も多数。これは若い人に限ったことではないけれど。もう都会への畏怖なんてみんな持ってないのね。

すでに一つの国が教育も産業も政治も、全てを自国の中だけ、自分の村の中だけで収められるという時代ではないのだから、さらに上へ上へと行きたいのであれば、しっかりした公共マナーの教育を早急に行うべきだと思います。それができなくて恥をかくのはベトナム人なのだから。彼らは中国人を馬鹿にしている節があるけれど、いやいや人のこと言えないからね?


ちなみに躾がなっていない、ということをベトナム語で「Mất dạy(マット・ザイ)」と言います(文字化けしてるかも、すみません)。が、これ冗談でも本人に言ってはいけませんよ!暗に親のことも非難することになるため、ブチ切れられます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村