読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

マラッカの、『旅人ロッジ』

今回は母が一緒だったため、いいホテルに泊まったんですよーもうたぶん今まで泊まった中で一番良かったかもしれない。
ただ、予算というものがあるわけで、2部屋取るのは難しかったんですよね。言葉のできない母を一人にするわけにはいかないため、畢竟、私と母が同じホテルに泊まり、夫だけ別のホテルに宿泊、となった。
私は夫にオールドタウン内のホテルを薦めましたが、「もうちょっと安い方がいいかなあ」と、夫は自分で探したホステルに予約を入れたのでした。

で、私が夫を連れて行きたかったお店ナンバーワンである『Nadeje』が、このホステルのある通りから近かったため(実際はえらい遠かったらしいですが)、夫はチェックイン手続きへ行き、私と母はカフェで待機。

ところが、待てど暮らせど夫は戻らず。結局1時間半ぐらい待ったんだけど、夫は戻ってこない。
これは私の落ち度ですが、夫に私の携帯電話も持たせなかった(私と母はドコモの海外ケータイ持ち)ため、連絡も取れず。事故に遭ったんじゃないか、ホステルでトラブルに遭ってるんじゃないか、なんて考えると心配で心配で、でもできることもなく。カフェに長居できるわけでもなかったので、結局、私たち二人はとりあえずホテルに戻ることに。

その後、私が外へ夫を探しに行くと、マラッカ川沿いで夫発見。
お互いに「ちょっとどこ行ってたの?!」なんて言いながら、私は泣くし、夫は怒ってるし。

とりあえず、母子の宿泊先へ。部屋に上がって事情を聞くと、こういうことでした。


Webで、1泊20RMのシングルを予約し、ホステル側からも「この内容でOK」という回答がきた。
ところが、いざチェックインという段階になって、
1.すでに部屋の料金は上がっており、シングルルームは30RM/泊。
2.シングルルームは満室なので、トリプルルームに泊まってもらう。3人部屋を1人で使うんだから、30RM x 3で、90RMね。
などと言ってきた。

予約時の4倍以上の請求キタコレ!
しかし、こちらのホステル、料金変動についての注意書きなどはメールにもWebにも一切記載がなく、また、夫が予約した、1か月前の時点で「シングルルーム1泊、OK!」って言ってるんだから、そもそも部屋が用意できていないのはホステル側の落ち度。そこへきてトリプルしかないから3人分払えってそれは筋が通らんだろ。
夫は、とにかくレセプションで揉めても埒があかん、と「マネージャーを呼んでくれ」と言ったのですが、このマネージャーもなんというか…な人で、彼女の言い分は、

・今はどこも料金が上がってる (→夫は去年や半年前の料金と比べて争ってるわけではない)
・料金は予告なく変更する場合があるって書いてありますけどー(→なかった)

結局、交渉に交渉を重ね、30RMにて決着。この間90分。何という時間の無駄…

翌朝、夫は再度Webを確認し、料金変動の注意書きがないことを確認したうえで、改めてマネージャーに抗議。
旅人にとっての1時間半がどれだけ貴重か。しかし、結局何の保証もなく、言葉だけの謝罪が繰り返されるだけ。不貞腐れた様子で、こちらとは一切目を合わせることなく、挙句の果てに「じゃあせめて、予約時の内容と同じ価格にしろ」と言ったら、

「ああ、何だそういうことですか」

Σ(`・д・´)カッチーン
お前馬鹿か。たかだか10RMのために2時間も粘るほど、こっちは貧しくねえよ。
例えば、チェックイン時に「申し訳ありません」の一言でもあれば、こっちだってここまで怒らないんだよ。お前、ホスピタリティって知ってっか?
私が夫だったらお金投げつけてるわ…(下品)




話を聞いていて、何だってまたそんなところ予約しちゃったんだよ…聞いたらば、Webでの評価が高かったし、何より、

マネージャーが日本人だから


Σ(゚□゚;)


おおー…う…
そう、上記のマネージャーとのやり取りすべて、日本人とのやり取りですよ。


マラッカ観光自体は楽しかった、と夫は言います。
でもやっぱり3人ともこのホステルのために失った時間について考えると嫌な気分になる。
今回の旅行は母の快気祝いだったし、私は夫と母にマラッカタワーからの夕日を見せたかった。私が知る限り、最も美しい光景のひとつである、マラッカの夕日。それが見せられなかったのは、とても残念でした。
結局マラッカ川沿いから見たこの日の夕日が、また過去最高にきれいだったもんだから…。

タイトルはそのホステルの名前です。一応仮名にはなっているものの、特定は簡単です。「旅人」を英語にすりゃいいだけだ。
件のマネージャーが「今回の件について、ネット上で書く?そんなもんお好きにどうぞ」と言ったらしいので、書いておきます。
私の持論で恐縮ですが、海外で一番簡単に信用してはいけないのが日本人。同胞だと思うと、ついこちらも油断しがちですが、あなたが日本に住んでいた頃、あるいは住んでいる今、あなたの周りの日本人は皆、あなたの良くしてくれる人ばかりですか?


まあ、今回の件に関しては勉強になった…といってあきらめるしかないわけですが、しかし腹立つよなー。