読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハノイのはちへお。

from Hanoi, Vietnam

DACOよありがとう!買ったもの晒しTHAI!!

さてさてーバンコクで買ったもの晒し隊です。「隊」とか言いつつほぼ一人旅だったんだけどね。

今回はバンコクに着いたその日に伊勢丹でゲットした現地フリーペーパー『DACO』の第377号(1月20日発行)が何ともありがたい「国産自然派ソープ」という特集を組んでおりまして、ホテルで熟読。
今回の狭い行動範囲の中でも確実に買えるもの、つまりCentral World 7階のスーパーで買えるものをピックアップして買いだめしてきたにょーん。テンション高いな
『Mt. Sapola』と『Panpuri』は12月に買ったものがまだあるので、今回はパス。『Panpuri』とか高いしねー。

『DACO』第377号web版はこちらから→http://www.daco.co.th/information/8216/


・『UNNAFAKUNG』のサブー・サムンプライ・プーン・バーン

えらく長い名前の石鹸ですが、タイ語でローカル・ハーブ・ソープの意らしい。『UNNAFAKUNG』(ウンナーファーカン)はハーブ等の自然素材を使用したコスメを作り続けて40年というメーカーで、こちらのローカルハーブ石鹸は実に全16種類と豊富なラインナップ。今回はココナツ・パパイヤ・ハニー・そして『DACO』おすすめのマリーゴールドの4種類を購入。マリーゴールドが意外にも美容効果が高く、サポニン・アミノ酸・タンニンが配合されているそうです。
各120バーツ。


・『UNNAFAKUNG』のSOAP LEAVES

これ石鹸なんです〜!確か5種類あって、今回はハニーとパパイヤをセレクト。コットンか何かでできた細かい葉脈を再現したベースに石鹸が付いた、1回使いきりタイプ。

サイズは3号・5号の2種類、1箱10枚入りで、3号サイズはたしか95バーツだったかな?使用後のコットンリーフもきれいなので、お土産にいいかも。



・『MUD MUK』のソープバー

2008年に誕生したコスメブランド『MUD MUK』は、タイ産の天然クレイと、日本やフランス産の泥を使ったコスメを生産。
ソープバーはフランス産のピンククレイと日本産の黒泥を使用した「PACIFY」と、タイ産ホワイトクレイとココナツを配合した「ILLUMINATE」の2種類。各250バーツ。



・『SOPREME』のハンドメイド・ゴートミルクソープ

こちらのヤギ乳石鹸はタイで最も歴史のあるチュラーロンコーン大学で使用実験を行い、その効果が実証されたというもの。全成分の85%が天然植物成分。「オリジナル」、「ホワイトニング」、「アンチリンクル」の3種類、各200バーツ。



…というわけで、テンション上がった割に、買ったのは3ブランドのみ。なぜならウンナーファーカンの石鹸を10個、『MUD MUK』のソープバーを4個、『SOPREME』のゴートミルクソープを4個買った結果、結構な重さになりまして。




知ってた?石鹸って重いんだ。



ほんとはチャトゥチャックのウィークエンドマーケットでも2ブランド買うつもりだったけど、断念。石鹸以外にココナッツオイルやみりんも買って、かなり荷物が重くなったせいです。またリベンジだなー。
石鹸関係ないけど、バンコクのマーケットはアラジンパンツが可愛いの多くていいよね。サイズも子供用とか、短い丈のものとかあって。KLとかって意外と可愛いの無いんだよねえ。

石鹸を使ってみて、「こいつぁいいや!」って思ったら、またブログに書く…かも。ね。




にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村